ロゴナのヘアケア製品

生き生きと輝く、髪のために

キャレンデュラの花(オーガニック)
肌の荒れを防いでくれます
トウキンセンカはキャレンデュラやマリーゴールドとも呼ばれ、ヨーロッパでもたくさんの花を咲かせます。そのドイツ語や英語の名前はその花の色と形からとられたといわれ、優美、気品、愛、美しさのシンボルとされました。中世では「愛の媚薬」の植物でもあったそうです。現在では、お肌をなめらかに整え、お肌を保護してくれる成分として配合されます。
ヘナ(オーガニック)
白髪ケアと髪の輝きに
ヘナは北・東アフリカからアジアにかけて生息する植物で、とても心地の良い香りを持っています。古くからその葉を乾燥させてパウダーにし、ボディペインティングや髪染めとして使われてきました。染めるだけでなく、髪を丈夫にもし、輝きを与えてくれます。ロゴナでは、赤く染めるヘナ以外にも、青から紫のトーンのインジゴフェラアルゲンテア葉エキス、ナンバンアイエキス、カシアアウリクラタ葉なども使用しています。

*bioVISTA 2016